紅茶を知る

紅茶の産地

有名な産地・特徴・飲み方

産地マップ

ケニア  Kenya

マウントケニア山麓のケリチョ、ニエリ、ナンディ、ソティック地区が主産地で、第1次大戦後に開拓された茶園。現在はほとんどがCTC製法の紅茶で、セイロン茶に似たコクがあり、若い葉のフレッシュな香りが特徴。ブレンド用に広く世界で使われています。ミルクやレモンによく合います。

ニルギリ(南インド) Nilgiri

南インドでブルーマウンテンと呼ばれるガッツ山脈の高原産の紅茶。セイロン紅茶に似た特有な芳香とやわらかな味で、レモン、ミルクなど何にでも合います。

ダージリン(北インド) Darjeeling

北インド・ヒマラヤ山系の高地に産する紅茶で、その優れた独特の香りは「紅茶のシャンペン」といわれています。このダージリン紅茶は、一般に茶葉が大きいOPタイプで、熱湯の中で十分開くまでに時間がかかりますので、ポットに入れてから3〜5分は待ってください。ストレートかミルクがこの紅茶の香りをひきたてます。ブランデーをちょっと落としてもいいでしょう。

アッサム(北インド)  Assam

北インドのアッサム地方でとれる紅茶で、濃厚な味と香りを持ち、コクがあるので、ミルクがいちばん合います。

スリランカ Sri Lanka

スリランカの産地は、南部の中央山脈一円で、最高地ヌワラエリヤを中心にウバ、ディンブラ、ディコヤ等があり、その高度によって品質のランクが分かれています。全般的に色、味、香りのバランスがとれた端正な紅茶といわれています。したがって、セイロン紅茶は何にでも合いますのでストレートでも、ミルク、レモン、ウイスキーなどを入れて、幅広く楽しんでください。

インドネシア Indonesia

ジャワ、スマトラ、スラウエシ等で栽培されていますが、ジャワ島西部が中心。色は明るく、マイルドな味。ブレンド用に広く使用されています。ストレートがおいしい。

キーモン

中国安徽省南部でとれる紅茶で、明るい色と自然なスモーキーな香りが特徴です。ストレートで召し上がってください。

その他の産地

このほかには世界の紅茶生産国として東アフリカのウガンダ、タンザニア、マラウイ、モザンビークなどがあり、また、南米の一部でも生産されていますが、これらの紅茶は主としてブレンド用に使われています。


ページトップへ

「紅茶を知る」トップへ