紅茶を知る

紅茶の等級

リーフティーの等級区分

紅茶は仕上げの工程でふるいにかけられ、その形状、大きさによって区分されます。これを一般に紅茶の等級区分といいますが、それは茶葉の「大きさ」と「外観」を表すだけで、品質の良し悪しを表したものではありません。

OP

オレンジ・ペコー

一般に細かい針状の長い葉で、葉肉は薄く、しばしば橙黄色の芯芽(ティップ)を含みます。浸出した水色は明るくうすいものが多く、香味が強いのが特徴です。
P

ペコー

葉は太めでよく揉まれたもの。OPよりも短く、針金状ではなく、芯芽はあまり含まれません。水色は一般にOPよりもやや濃い。
BP

ブロークン・ペコー

BOPよりややサイズは大きく、芯芽をふくまず形も扁平なものが多く中級品。水色はやや弱く、主に増量用に使われます。
BOP

ブロークン・オレンジ・ペコー

需要が最も多いものです。リーフ・スタイルのどの茶よりも葉のサイズが小さく、もっとも多く芯芽を含み、よく揉まれています。水色も濃く、強く、香味も強い。
BOPF

BOPファニングス

BOPよりも小型で、はるかに水色は濃く早く抽出されます。ブレンドに多用される上級品。
F

ファニングス

扁平で小さなサイズで、ダストより大きい。
D

ダスト

葉のサイズがもっとも小さいもの。
photo

オレンジ・ペコー

photo

ブロークン・
オレンジ・ペコー

photo

ファニングス

photo

CTC

ティーバッグ用紅茶の等級区分

ティーバッグに使われている茶葉の多くはCTC製法によるものです。CTCとはCrush、Tear、Curlの略で、短時間で茶成分の抽出が出来るように、最初から細かい茶葉を作る製法です。したがって「CTC茶」には前述のリーフスタイルの茶はありません。等級を簡単に区分すればブロークン、ファニングス、ダストとなります。

BP

ブロークン・ペコー

やや大型のブロークンスタイルのもの。
BOP

ブロークン・オレンジ・ペコー

小型のブロークンスタイルのもの。
PF

ペコー・ファニングス

小型のファニングス・大型のものはOF(オレンジファニングス)
PD

ペコー・ダスト

サイズの最も小さなタイプ。

ページトップへ

ページトップへ