ティーインストラクター養成

ティーインストラクター資格認定制度について

photo

日本紅茶協会では、その設立当初から、家庭で日常的に消費されている紅茶を、より一層おいしく飲んで頂くためには、紅茶に関する知識を深め、正しい紅茶のいれ方を実践して頂く必要があると認識し、「紅茶セミナー」を積極的に開催してきました。

しかし、それを幅広く全国的に展開するためには、講師として指導する資格をもった"ティーインストラクター"が絶対的に足りず、それらの育成・指導が課題となってきました。

そこで、日本紅茶協会では、1985年(昭和60年)から、会員各社の従業員を対象として、その育成・指導を始めました。その後、「紅茶セミナー」は順調に軌道に乗ったものの、紅茶生産国の在日政府機関(大使館など)と提携した「(各国の)文化と紅茶を楽しむ会」の開催の頻度が増えるにしたがって、改めて "ティーインストラクター"の不足が問題となりました。 そこで、日本紅茶協会として広く一般から有能な方々を公募して"ティーインストラクター"を育成・指導することとしました。

そして、その資格を明確にするために、1991年に「資格認定制度」を設けて、資格認定試験に合格した人達を「日本紅茶協会認定・ティーインストラクター(ジュニア)」と認定することとしました。

日本紅茶協会認定ティーインストラクター

日本紅茶協会認定ティーインストラクターの名称は、商標登録されております。

登録番号 第4249734号
平成8年商標登録114544号

ページトップへ